名古屋のお雑煮


お雑煮は、各地方でずいぶん違いがあるようですね。
名古屋のお雑煮は、どうでしょうか?

お雑煮は、いたってシンプルのようです、名古屋の作り方はですねー。
材料は、角餅、小松菜、水、本だし、カツオ節、みりん、醤油かな。

まず、出し汁を作ります。
小松菜は塩ゆでしておき、4センチぐらいに切って置きます。
出し汁の中に餅を入れてやわらく煮ます。
小松菜を入れて温めます。
そしてお椀に入れて、カツオ節を体裁よく飾りできあがりです。

本当に簡単でしょ。
なにも難しい材料が、ないです。
名古屋人の気質らしいお雑煮です。(笑)

今の若い子たちは、お雑煮の嫌いな子供がおおいようです。
我が家の娘も子供の頃から、お雑煮が嫌いでしたが、元旦だけは食べるように言ってきました。

1つだけは、嫌々ながら食べています。
というか、餅自体が苦手のようです。

ずいぶん前ですが、お正月の2日目にもお雑煮を作った覚えがあります。
その時は、赤味噌仕立てのお雑煮でした。

味噌自体が濃い味なので、お餅に味がついて食べやすかったのでしょうか?
黙って食べておりました。

関西方面の雑煮は、白味噌仕立てだと聞いておりますが、私は白味噌が甘いものだと感じております。

白味噌仕立てのお雑煮は一度も食べたことがありません。

おつゆの色は白だから上品な感じですね。
News
  • 浮気が気になって、食事ものどを通らずやつれてしまい、このままではいけないと女性相談室http://www.arm-agency2.com/に電話をして、きちんとした証拠をつかんで、思いをふっきって、離婚した今となっては、何であんなに悩む必要があったんだろうって思うくらい、イキイキとして見える女性を知っていますが、女性って強いなってつくづく思います。年齢を重ねるごとに女性は強くなっていき、男性は、年齢を重ねるごとに精神的に本当は弱くなっていく気がするんですが、どうなんでしょう。私の周りには芯がしっかりとした女性が多く、旦那さんを上手に手のひらで転がしている人が多いです。そんな女性は、ちょっとしたことぐらいでは、びくともしない、芯の強さがあります。体も小さくおっとりとしていて、同じ女性でも、支えてあげなければと思うような感じの方なのに、大きな問題が起こったときに冷静に対処して動じなかった姿を見たときに尊敬しちゃいました。芯がしっかりした女性っていうのはこんな女性なんだろうなって、私もちょっとしたことぐらいで、いちいち起こったり動揺したりしないで、逆に冷静に対処できて、いつも心が穏やかにすごしていられるそんな女性になりたいって思いました。見た目ではないんですよね~。強そうな女性の方が逆に芯が弱かったりしますから。自己主張が強いのと芯が強いのとは違います。芯が強い人は普段は柳のように周りに合わせて生活しますが、ここぞっていう自分の信念がしっかりとあって、どんな状況でも根がしっかりと張ってあって、動じない。そんな人が芯がしっかりしているって言う女性なんですね。
  • エステのお姉さんが話していたんですが、シャネルのアクセサリーはいがいと安いそうです。安いといっても勿論数万円しますが他のブランドに比べると格段と安いのが割ります。それにブランドの中でもシャネルは見た目が可愛いのでアクセントにはピッタリです。わたしも彼からプレゼントにシャネルの可愛らしいピアスをもらったことがあります。どこで買ったとは聞いていないのですがもしかしたらわたしがよく見ているhttp://www.yochika.com/SHOP/114723/114750/list.htmlかもしれません。それを知ってのプレゼントだったのかな?それだとしてもこれが欲しいとはいった覚えがないので、ちゃんとわたしの好みを知っていてくれるんだなーと嬉しかった記憶があります。好きな人のプレゼントでもいいですが友達への誕生日プレゼントとかにもシャネルのピアスはちょうどいいかと思います。前の会社では接客業をしていたのですが、みんなかからの寄せ集めのお金でシャネルのヘアアクセサリーをもらいました。これもとても嬉しかったですね。家でも仕えるし仕事でも使えるから重宝しています。
  • うえーん!お父さんの大事なパソコンを壊しちゃいました~!正直こんな簡単に壊してしまうなんて私はなんていうパソコンクラッシャーなんでしょうか・・。元から機械オンチなのは自覚していましたが、使用してわずか数時間で壊してしまうなんて・・やっぱりデリケートな機械は私は触っちゃ駄目なんだ。お父さんに素直に謝ってインバースネットなどで修理にだそうと思っています・・。ちゃんと直ればいいんですけどもし直らなかったら一体いくらの損害になるんだろう?!お父さんこのパソコン買ってきた時すっごいルンルン気分で「たっかい買い物しちゃったな~」とかいってたし。きっと私の一ヶ月の給料分は間違いなくあるよね。通り越してるよねきっと・・。でも壊したのは自分だし仕方ないんだけど。これから機械触るときはもっと気をつけないと。そして誰かが見ているときしか触らないようにしよう!わからない事があったときにすぐ助けてもらえるように!
  • お盆が過ぎて、涼しい日が続いたなって思ったら、2013年8月30日は各地で猛暑日でした。35度以上の猛暑は日本の21地点で観測されたようです。三重県尾鷲市で37度が最高の気温でした。東京も猛暑日で汗をハンカチで拭きながら歩く人がたくさんいたようです。毎年思うんですが、外で肉体仕事をされる方は夏は辛いだろうと思います。水分を取って、熱中症にならないように仕事なさっているんでしょうか。家に帰ると、クーラーをがんがんにかけるから困るわって、隣の奥さんが行ってましたが、株式会社青木工業も愛知県のあちこちでやっているんだそうです。そりゃ、仕事中、暑さに耐えているんだから、帰ったときぐらい、涼しいところで、体にこもった熱を発散させたいんだろうなって思いました。女性でも、夏は日焼けや、紫外線が怖いので、いろいろ外に出る時は防備しますよね。汗でファンデーションがよれてしまうと、気持ちも暗くなってしまいます。夏でもサラッと涼しげな顔の人を見るとうらやましいです。ファンデーションをする前に下地をしっかりつけると、ファンデーションが薄付きでもきれいに見え若々しく見えます。下地は、自分の肌より明るめのパール入りのピンクベージュがいいそうですよ。この色は、肌の色を自然に補正して、明るく見せてくれ、パールの作用で、顔全体が華やかに見えるんですよね。中指と薬指の第二関節までを使って、顔の中心から、外側に向かって、手早くつけるようにします。夏でもサラッときれいな顔で一日を過ごしたいですね。
  • 新聞に破産である折り込み広告ってどういう流れで自分のところまで届くんでしょうね。買い物に行く時に、新聞の広告にはさんであるスーパーのチラシって、とってもありがたいです。卵なんてあの広告で見て安くなっていると、普段の3分の1で購入できます。まあそれにつられて買い物に行って、余分なものを買ってしまって、お店にとっては、それで十分やっていけるから、お店にとってはいい集客ツールなんでしょうね。うちの近所のわりと大きなスーパーは、印刷 仙台http://digital-pro.jp/に広告を定期的に印刷してもらっています。すでに、広告の型みたいなのがあるみたいです。それで、印刷したらそれを新聞屋さんに持って行って新聞に入れてもらうそうです。この印刷代と新聞屋さんに支払う折込料が結構かかるみたいです。それでも元が取れるんですね。パチンコなんかも広告が毎週入ってます。毎週入っている広告と、たまには行っている広告と、サイクルがあるみたいですね。昔はもっと広告が多かったような気がしますが、最近は新聞が薄くなった気がします。一番広告が多いのは金曜日ですね。週末の集客を狙っているみたいです。仕事がある平日はみんな広告をゆっくり読んでいる暇がないからでしょうね。金曜日仕事から帰ってきてから、ゆっくりと広告を見るだろうってことを予測して、金曜日の広告は多いのかも。
  • バイトから帰るとお父さんとお母さんが喧嘩をしていました。何をやらかしたんだとお母さんに尋ねてみると「折角新ジャガを使ってお父さんの好きなコロッケやポテトサラダを作ってあげたのに今日に限って自分でオカズを買ってきたの、それがコロッケとポテトサラダと今日のオカズにどんぴしゃ!勿論そっちは我慢して私が作った料理を食べるかと思ったら今日はこっちの気分だからといって買ってきたお惣菜を食べたのよ!それでついつい怒っちゃった」というではありませんか・・なんて仲睦まじいなんてこと今言うと怒られるので言いませんが本当にくだらないなと思いました(失笑)以前も似たようなことがあり、お父さんがhttp://xn--v8j2c228kr12cb6at2h.net/で頼んだものを夕飯に出して欲しいといった時にたまたまスーパーで安売りしてたからとお母さんが買ってきた海鮮物をその日の晩御飯に出す事になったんですがその時も大喧嘩をしていました。通販なら冷凍してあるし別に明日でもいいじゃない!と怒る母と折角高いお金を払って買ったのに届いてすぐ食べないなんてありえない!という父・・五十歩百歩とはこうゆう事を言うのかもしれませんが、どちらかといえば毎回お母さんが正論だと思っています。うちのお父さんは少し大人気なくていつも弟に愚痴をこぼしている情けない人です。私はお母さんの味方なので喧嘩をした時はいつも別々でご飯を食べたりします(苦笑)ご飯の事いがいで喧嘩をしている2人を見た事がないのである意味仲が良いといってもいいと思いますが本人達は修羅場のようです。
  • 歯と歯の間にも歯垢がたまるって知ってましたか?子供達は知らないかもしれないですね。大人の方なら知っていると思いますが、その歯と歯の間の歯垢をとる歯間ブラシやフロスって、定期的に使う事は忘れてしまいがちです。うちにもありますが、忘れた頃にやるぐらいで忘れがちになっています。口の中って細菌がウジョウジョいるというのは、歯医者さんからだけでなく、聞いた事がありますが、その数がすごいんです。なので、なるべく菌を増やさないようにするには、歯磨きや唾液の分泌を促進することや、衰えた口の周りの筋肉を鍛える事です。矯正歯科 福井http://www.sawayaka-kyousei.jp/にすんでいる方が教えてくれたんですが、筋肉を鍛えるには、学生答辞に演劇部が「アエイウエオアオー」って大きな口を開けて叫んでいたあれをするといいです。このときに、気をつけるのは、変な顔になるとか考えないで、顔全体で、表現するようにするといいです。一つの音を10秒ぐらいかけて大きな声で発生すると表情筋がしっかり動いて顔の筋肉が鍛えられることになります。
  • 結婚式のエンドロールhttp://www.muvin-bridal.com/pg30.htmlは心に残るものを作りたいですよね。しかし、何かと費用の掛かる結婚式ですが、専門業者にエンドロールを依頼するとさらにお金が掛かってしまう、なんて心配もあります。実は、エンドロールはムービー作成ソフト、画像編集ソフト、写真、映像素材、音楽、そしてちょっとの知識があれば初心者でも自分で作ることが出来るのです。ムービーソフトには、演出パターンやエフェクトパターンを決めることで簡単にムービーが作れるものがほとんどです。具体的な作り方は、ソフトによって異なりますが、大まかな作成方法を挙げていきます。使用する写真を画像編集ソフトなどで加工、編集します。写真はどんなものでも構いませんが、お二人の思い出が垣間見れるものやご家族一緒の写真、友人と一緒のものを選ぶと良いでしょう。ムービーソフトで加工した写真を選択し、文字等を入力します。一緒にゲストの名前を流す際には、主賓、友人、親族、家族の順番か50音順で流すかのどちらかが多いです。また、メッセージやコメントを入れたい、という場合は、出来るだけ短めに入れます。あまりに長い文章だと、見る方が文字を追うことに疲れてしまう場合がありますので、注意しましょう。さらに音楽に合わせて、光や星、羽根などの映像加工を施すことで自分たちだけのエンドロールを作ることが出来ます。
  • 私も賃貸物件を借りて一人暮らしをしていたことがあるのですが実家暮らしが長かった私はアパートがなかなか慣れませんでした。私が住んでいた所は壁が薄く隣の物音がすごくよく聞こえてしまうのです。こちらが聴こえるということは、こちらの音もよく聞こえてしまうということなので、全然、落ち着かなくて。夜は深夜に二階の人がドンドン歩くので煩くて寝られませんでした。あの時は部屋選びを失敗したと思いました。私は初めて部屋を借りたので、あまり知らなくて、あんなに物音が聞こえるアパートがあるなんて思ってもいませんでした。部屋を借りる時は親切な不動産屋さんがいいでしょう。立地条件だけじゃなく住みやすさなどをしっかり教えてくれるところがいいと思います。仙台の賃貸http://www.sendai-chintai.com/では、このような小さな悩みにも相談にのってくれるところがたくさんあります。住居は一度決めてしまうとなかなか変えられません。どんな物件なのか、どこにあるのか同じアパート・マンションの人はどんな感じの人なのかとか細かい所まで、入念にチェックをしておいた方がいいでしょう。借りてしまってからあとで後悔をしてしまってはどうにもなりません。気になることは細かく聞いておいたほうがいいでしょう。
  • 学生時代は京都で家庭教師のバイト。 私は学生時代を京都で過ごしました。憧れていた京都での生活は学校の授業と友人との他愛ない遊びとおしゃべり、それから 家庭教師。大学2年になり家庭教師をすることになった。 http://www.k-kateikyousi.jp/ 相手は中学2年生の女の子。今から思うと あの中2という多感な反抗期真っ只中の子を相手によくやっていたと思う。というよりかたまたま相性が良かったのかもしれない。 しっかり勉強したあとは、少し好きな人の話をしたりして、お姉さんのようだったのかもしれない。高校受験がみえてきた頃には 塾にも行くようになっていた。一人娘だとこんなにお金をかけてもらえるのだなと感心したものでした。 元気にやっているのかな。今度京都へ行く時は彼女の家まで足を運んでみよう。
  • 浸水対策
    川に近い地域でもあるので、何十年か前の伊勢湾台風の時には、ものすごい風と、豪雨で浸水したという話を、おばあちゃんが台風の時には決まって、いつも話してくれていた。そんな昔のこと…。今は堤防もできたし、そんな洪水だなんて、ありえないと思っていました。 しかし、悲劇は起きた。 台風が来た時のこと、我が家の前には用水路がある。 前日からの大雨で主流の川の水位は随分上がっていた。 しかし、用水路は取り込み口で調節できるから、そんな所から水が上がってくるなんて思いもしなかった。 しかし、それは起きたのだ。 想定外の事が最近は良く起こるのだ。水路の水かさがあと30センチのところまできたが、水位は止まる事がなかった。 みるみる、道路と同じ所まできて、あれよあれよと道路も冠水してしまった。 我が家は土地を高くしてあるのだが、その坂をどんどん水が押し寄せてき。 コレはもう、避難することも出来ない…。早目の対応が必要だったと今になって感じる。 こんな時浸水に備えてhttp://www.kujaku-k.jp/のピーコックブロックがあったなら…。 今後は早目の対応と、災害への準備をしておきたいと思う。